水産育種 第48巻1号発刊

平成30年11月9日に、水産育種第48巻1号が発行されました。

コンテンツは以下の通りです。

___

寄稿

魚介類における雑種、倍数体とクローンの研究

40年をふりかえって

荒井克俊

報文

低い遺伝的多様性を示した元荒川に生息するムサシトミヨの保全方策

山口光太郎・間野伸宏・廣瀬一美・中嶋正道

サクラマスの脊椎骨数に及ぼす飼育水温の影響

安藤大成・下田和孝・竹内勝巳・飯嶋亜内・卜部浩一・神力義仁・中嶋正道

平成30年度 日本水産学会秋季大会ミニシンポジウム

選抜育種の積極的な導入に向けて― 「経験則」から「データによる予測」へ

企画責任者:細谷将・野村和晴・家戸敬太郎

1. ブリ育種プログラムの基礎と育種価の応用

森島輝

2. マダイ― 50年以上に亘る集団選抜と系統管理

家戸敬太郎

3. ギンザケ ― 高成長系統の作出と救出

細谷将

4. ウナギ ― 仔魚期間の短縮に向けた育種基盤の構築

野村和晴

5. トラフグ ― 高成長白子早熟系統の探索と固定

吉川壮太

6. 今の輸出業者の視点からみたマーケットニーズ

清水義弘

会員通信

第13回国際水産遺伝学シンポジウム 参加報告

石川 卓

正誤表 

水産育種研究会会則

水産育種投稿要領